脱正義論

今さらながら『新ゴーマニズム宣言スペシャル脱正義論』を読んだ。

20年以上前に出版された、薬害エイズ問題と市民運動の顛末を描いた作品で、久々に読後感が最悪の本に当たってしまったというのが正直な感想だ。

薬害エイズ問題は、1996年3月29日に被害者と厚生省・企業の間で和解が成立し、一応の終息をみた。 結果的事実だけを見れば、それは原告側の正義の勝利だったかも知れない。

しかしページを繰るにつれ、暗澹たる気持ちになっていった。


早稲田大学で催された「CHALLENGE AIDS '95」での出来事を、実行委員のY氏が振り返るくだりがある。

もともとこのイベントは、薬害エイズだけでなく、性感染も含めたすべてのエイズを考える趣旨だった。 Y氏は『HIV訴訟を支える会(以下、支える会)』のメンバーではないが、イベントに支える会のコーナーを組み込んで貰えるよう、主催者側と必死に交渉した。

ところが、当の支える会は、そのイベントに自分たちのコーナーがあることを当然の権利のように考え、さらに「自分たちのパンフレットを作れ」と平気で要求してきたという。 そのお金がどこから出ているかを考えもせずに。

当日イベントが始まって、最初の第一部の支える会のコーナーで薬害エイズをテーマにした後で、僕は第二部に大貫武さんの講演を企画していたんです。

(略)けれど支える会のコーナーの司会をしていたT男は、(略)自分たちの支える会のコーナーが終わった後、『これで支える会の企画を終わります』と言っただけで、『次は第二部が始まります』とは一言も言ってくれなかったんです。

それで、会場にいる人は、もうイベントが終わったかと勘違いして、ほとんどが帰ってしまいました。 会場にはほんの僅かな人しか残ってません。 そんな中で大貫さんは講演したんです。 僕はそんな中で大貫さんに喋ってもらったことが、申し訳なくてたまりませんでした。

(略)僕は今まで人が集まらないイベントなんて何度も経験しましたから、いまさら自分の面子がどうとか、そんな下らないことを言うつもりはありません。 大貫さんに対して申し訳ないから怒ってるんです。

(『脱正義論』 pp.174-175より)

Y氏は後日、支える会のT男ら(支える会の司会者)を呼び出し、なぜ大貫氏を無視したのかを問いただした。

彼らは何も言えなくなりまして、で僕は『謝ってくれ、このままじゃスジが通らないだろう』と言ったんです。

でも彼らは『謝れない。 支える会としては悪いことはしていない』と言い続けるんですね。 なので僕が『じゃあ、個人として謝ってくれ。 悪いことをしたと思うなら個人として謝ってくれ』と言うと、T男は『個人としても謝れない。 自分がここで謝ったら、支える会として謝ったことになるから、個人としても謝れない』と言い張り続けるんです。

(『脱正義論』 p.175より)

エイズを楽しむ」という大貫氏の生き様は、訴訟に勝つことだけを目的にしている支える会の「正義」の外側にあり、酷い言い方ではあるが『どうでもいい』と思っていたのかも知れない。

支える会と袂を分かった小林よしのりが、怒りを露わにする。

ただ学生がいまだに自分らが正義だったと信じ込んでいるのは許せん。 原告の大貫さんを早稲田のイベントでシカトしたじゃないか。 組織防衛のために、このわしにやったのと同じようにシカトして謝罪すらしなかったじゃないか。 大貫くんは今年、亡くなった。 心がうずかんか? 正義だけだったと言えるか?

(略)おまえらが非難している官僚は、おまえら自身の姿だ。 「薬害をなくすために、これからも勉強会をする」だと? そんなおまえらが、将来、確実に薬害を起こすんだよ。

(『脱正義論』 p.257より)

1996年3月29日、HIV訴訟の和解が成立した。

まだ薬害エイズという人災が全く世の中に認知されていなかった頃から地道な活動を続け、国や企業に加害責任を認めさせた。 彼ら無しには成しえなかったろうし、その功績は大きい。

だが結局、弁護士や左翼団体の言いなりとなって、自らの良心に遵えなくなった学生の姿は、自らの保身のために安部たけしの言いなりとなり、危険と知りながら非加熱製剤を使い続けた医療関係者と重なって見える。

そして、支える会の学生や原告の少年(当時)は、どこかおかしな方向へと向かい始めた。 そして「イデオロギーより情を」と散々主張していた小林よしのり自身も、この頃から政治色を強めていくようになる —— 。

外から見た弊社の文化

「非常に言いにくいことなんですが──」

ある酒の席で、仲良し(?)のパートナーさんが、こう切り出した。 その日の彼はすこぶる饒舌だった。

「週一で行われる御社の報告会、あれ、個人的にすごく嫌なんですよ」

「まずは決まった時間に会議が始まらない。 参加者を部屋に集めて、それからモタモタとテレビ会議のセッティングを始めるでしょ。 人を待たせているという自覚が無さすぎる」

「あと課題の棚卸しと称して、まったく動きもしない課題の一覧を上から読み上げて、『この課題ってどうなったの?』と聞き回る儀式があるじゃないですか。 あれこそが悪い意味で“御社の文化”だと思っているんです。 ホントああいう事をする意味が分からない」

「だいたい課題の持ち主が『あれって何の件だっけ?』といちいちわざとらしくトボけるのも腹が立つんです。 こういう確認会がある事が分かっていながら、なぜ事前に準備しておかないの? って」

「あれだけの人数を集めておいて、時間をムダにしている。 週一回の2時間の会議、そこにリーダー級以上の人が10人…… 20人時もの工数をかけて、あの有様ってどうなんだろうと思うわけです」

文字に起こすとけっこうキツいが、指摘自体は至極もっともである。

内部の人はだれもこういうことを指摘しない。 偉い人が怖いから。

これが、外から見た弊社の率直な評価なのだと思った。

辞令

バタバタした日々が続いている。

あまりにも唐突なのだが、僕は来年1月7日付で他部署に異動することになった。

現在進行形でかなり差し障りのある案件なので詳細は伏せるが、事実上のリストラ人事だと思っている。

──いずれ、モザイク処理を施した上で経緯やあらましを書こうと思う。

言葉として残る、ということ

プロジェクトの余裕がなくなってくると、どうしても厳しいやり取りが発生する局面がある。

特に最近思うのが、一部のベンダ(他社さん)の言葉遣いが非常に汚いということだ。 対応する身としてはとても残念である。 正直、まったく気持ちの良いものではない。

先日、仕事で親しくしている方と飲んだ際、その方も『最近はプロジェクト内に非常識な人が増えた』と零し、『たーせるさんは相手の失礼な言動に対しても丁寧に返答するので感心している』 と続けた。

人の言動は、思いのほか第三者から見られているものだ。 だから僕は、仕事での言葉遣いにはできる限り気を付けるようにしている。

裏を返せば、言葉ひとつで『あの人は失礼なことを平気で言う人だ』『汚い言葉を平気で遣う人だ』と思われてしまう。 自分の人格の負の面を自ら晒してしまっているのだ。

とても悲しいことだけど、僕はそれで信頼を失ってしまった人を何人か知っている。

こんなことで好感度を下げてしまうのは、あまりにも情けない。

Qrunch はじめました

思うところあって、技術系日記のアウトプット先を「はてな」から「Qrunch」に変えてみようと思い立ちました。

tercel.qrunch.io

一番大きな理由は、僕にとってはてな」へのアウトプットはコストの高い作業になってしまっており、今の生活ペースを考えるとコンスタントな記事の投下がより困難になりそうだからです。

特に技術系の記事は、テーマに沿って「モノを作る」「解説を書く」という2階建ての営みが必要であり、さらに(メインブログの方では)文章の行間を埋めるための図版を描いたりといった手間暇をかけています。

それはそれで楽しい作業ではありますが、「覚えたことをその日のうちに誰かに話す」というスピード感が全く出ません。

そんなわけで、鮮度の落ちやすい話題のアウトプットに関しては Qrunch に切り替えて様子を見ようと思った次第なのでありました。

ちなみに、数学の話やポエムなどは引き続きこちらで公開しようと思います。

逃避について思うさま書こうと思う

そういえばかつて、さんなか もとかつという一般人の青年が、バラエティ番組の企画で「みちのくプロレス」に入団し、練習の苛酷さに耐えきれず何度も脱走する──というドキュメンタリー風のコンテンツが放送されたことがあった。

番組内では直接の言及こそなかったが、この企画の本来の目的は、三中の素行をめる為であったと言われている。

お客様気分

しかし、本人にとってはちょっとした体験入団のような感覚で*1、特に企画開始当初は「ある程度適当にかじった頃合いで東京に帰して貰えるだろう」とたかくくっているかのような節が見受けられた。

三中はもとより空気を読むのが苦手なキャラだった。 まして番組の企画という特別枠での入団。 恐らく“お客様扱い”されているという意識から脱しきれなかったのかも知れない。

周囲が三中の育成に真剣に取り組む中で、当の本人だけが不真面目な練習姿勢のままであった。

見えないところで手を抜いたり、自分が不利になるだけのウソを平気でいたり──。

やがて、こうした本人の無自覚を指摘する周囲の声が、次第に厳しさを増していった。

ようやく三中は、練習生テストを受けるのは他の誰でもなく自分自身である事、それがなまなかな努力では到底達成できない事に気付き、ついにカメラの前で泣き言を並べた挙句に合宿所を脱走してしまう。

企画の顛末

このVTRには後日たんがある。 紆余曲折の末、三中は自身の一存で企画を強制終了させ、それが原因で番組内での自身の立場を危うしてしまった。

さらに、その事後対応で見え透いた言い訳を続けたことで、スタッフや他のメンバーの心証を余計に悪化させ、最終的には番組を追放された。

ここまでのあらましも後の放送で明らかになるわけだが、くだんの番組は編集が実に巧妙で、非常にナチュラルな流れで「あの甘ったれの問題児のわがままをこれ以上許すな!」みたいな空気が出来上がっていったように思う。

僕たちはどう生きるか

ここまでが長い長い前置きであった。

く言う僕も、人生の様々な局面で逃げ出したい衝動に駆られる事が往々にしてある。 そんなとき、この一連のエピソードが頭をよぎるのだ。

僕の業界も『炎上案件から逃げずに完遂した』というだけで賞讃される傾向にあり、その一方で再起不能になるまで追い詰められた人を何人も知っている。

《本気でヤバくなったら逃げてもよい》という言葉は、送り手・受け手の立場や周囲の状況に応じて、正解にも不正解にもなりうる難しい命題で、少しだけ役職が上がった今、ますますそのジレンマにおうのうする日々を送っている。

逃げると、確かに一時的に立場は悪化する。 というか今までの世界にいた人間の殆どが敵に回る

だからと言って必要以上に悲観する事はなくて、敵に回った人たちと距離を取って生きる覚悟さえあれば幸せになる機会はこの先いくらでもあるんじゃないかな──。

……まぁいつもながら、何が言いたいんだか分からん日記になった。

*1:それは、男色ディーノ野橋太郎から『本気でプロレスラーになる覚悟があるのか?』と問われたときに、一瞬躊躇の表情を見せることからも明らかであった。

がんばることをやめてみる

最近、仕事での風当たりが強い。

他チームから、生産性低下・進捗遅れの“ていの良い言い訳の道具”として僕らが利用されており、内心ふんまんやるかたない思いでいっぱいだ。

そこで僕たちは、意図的にがんばることをやめた。

売られた喧嘩は紳士的に買うとして、手始めにWBSから他チームへの思いやりタスクを徹底的に削った。

これまで割と無理を押してプロジェクトの全体最適とやらに尽くしてきたつもりだったが、このたび全く奏功していないことが判ったので、僕の権限で、チームメンバーは最低限のタスクを消化したら帰ってよいことにした。

僕自身も他チームとの平和的協調路線を捨て、チーム内部の指揮に大きなウェイトを置くことにした。なにごとも合理的に行こう。

決して無責任になったわけでもやけを起こしたわけでもない。 ただ無責任な人らの相手をすることのバカバカしさにようやく気付いただけである。

──少し文章に力が入り過ぎたかも知れない。

ただ、世の中綺麗事だけでは渡っていけず、どこかで善人の仮面を脱ぎ捨てねばならない。

そして、今置かれている状況と、僕自身の価値観を照らし合わせたとき、選ぶべき答えはたった一つだった。

いま僕は、それを迷いなく選び、そしてその通りに動くことにした。 ただそれだけだ。

つづきはこちら。

tercel-s.hatenablog.jp