余裕のない日々

なにか頭を働かせて考えようとしても、まるで手から水が溢れるように、思考が流れてしまう。

広告を非表示にする