待ち受けモード

こちらの記事の続き。

tercel-s.hatenablog.jp

先日、仕事で珍しく声を荒げてしまった。

きっかけはほんの些細なことだ。 全体進捗会議の場で、他チームから『たーせるチームので我々の進捗が停滞している』という言い掛かりをつけられ、そのときから僕の心の中に火種が燻っていた。

毎日、僕の元にはそれなりの分量のチケットが他チームから届く。 軽微なQ&Aから、重たい課題まで様々だ。

その中には、「○○ライブラリの使い方が分かりません。使い方のサンプルを作ってください」とか、「××ツールの使い方が分かりません。手順書を作ってください」とか、そういう理不尽な要求もかなりの割合で混じっている。

念の為に申し添えると、○○ライブラリも××ツールも、僕が開発したわけでもなければ保守サポートの窓口になった覚えもない。

僕は、「それについてはしかるべき問合せ先があるので、そちらにいてください」という返答を続けていた。 訊くべき相手が違うのだから、そう言わざるを得ない。

しかししょうりもなく、先日再び同じ起票者から的外れなチケットが投げつけられた。

その末尾には、悪意に満ちた一文が書かれていた。

『とっとと対応してください。こちらの進捗が遅れます』

もはや故意犯としか思えない。

僕の中で、何かが切れる音がした

自助努力もせず、自身の能力不足を棚に上げ、仕事の遅れの責任を他人に擦り付けているだけではないか。

僕はくだんのチケットを全メンバに向けて晒し上げ、『そんなことは私の知ったことではない!』と猛反撃した。

はっきり言って、何から何までんぶにっこで、箸の上げ下ろしまで教えてやらないとプログラムひとつマトモに書けないような奴が、恩知らずな態度で大騒ぎする有様にいい加減うんざりしたのだ。

ここまでが、本日の前置きである。

待ち受けモード

とにかく、追い詰められて余裕がなくなると、反撃のきっかけや口実を全力で探しにいくという状態に陥りがちである。

僕はそれを、『怒りの待ち受けモード』と呼んでいる。

  • あいつには、いつか雷を落とさないといけない
  • 次に××な事をされたら、今度こそガツンと言ってやる
  • 今日という今日は、絶対に許さない

普段は、つとめてこのような状態を避けるよう心がけていたが、ここ最近は特に心のゆとりが無い日々を送るあまり、無意識に怒りを蓄積してしまっていたように思う。

が、今にして思えば、ものすごく大人げないことをしてしまった。

そこまで強い対応が、本当に必要だっただろうか。 相手をねじ伏せるようなことをして、誰が得をしただろうか。

以後、本当に気をつけねばならない。