続・カスタムURUSHIのこと

2週間ほど前に、破格の万年筆・カスタムURUSHIを買った。

 

国産品で10万円を超える万年筆はあまたあれど、それらはペン軸に彫刻や蒔絵、螺鈿といった装飾が施されていたりすることが多い。 あるいは特別限定品などの稀少モデルにも、やや割高な価格設定がなされることなどがある。

 

しかるにカスタムURUSHIはレギュラー商品であり、まずプレミアはつかない。 さらにこれといった加飾もなく、すなわちほぼ筆記具としての機能性だけで96,800円(税込)という値付けがなされた稀有な商品である。

 

確かに書き味は素晴らしい。 M(中字)という、常用するにはいささか太めの字幅を選んだにも拘らず、使わない日は無いほど愛用している。

 

インクは、今のところセーラー万年筆の「蒼墨」という顔料インクに落ち着いている。 少なくとも手持ちのインクをいくらか試した中では最も相性が良かった。

 

彩度を抑えたブルーブラックに近い色味もかなり好みにマッチしている。 顔料なのに綺麗なインクの濃淡が表れて、たいへん趣深い。

 

画像を添付しようとも思ったが、どうしても肉眼で見る繊細な色味をモニタ上に再現できなかったので諦めた。

 

というのも、筆記する紙によって発色が随分と異なって見えるからだ。 たとえば手帳用のトモエリバーと、ツバメノートの中性フールス紙では、同じペン・同じインクで筆記しても全く別の色合いになる。

 

特にツバメフールス紙に書いたときの色味はたいへん深い味わいがある。ノートは7mm罫を使用しているが、中字の万年筆で書いても窮屈にならずちょうど良いと感じている。

 

これまで、万年筆もボールペンも一つのペンケースにガシャッと詰め込んで持ち歩いていた。 安価な樹脂軸ならばそれでも問題にならなかったが、さすがに漆塗りの万年筆にその扱いは乱暴だろうと思い、専用のペンケースを購入した。

 

柔らかい豚革でできている一本挿しで、ペンをしまった後はひもをくるくると巻いて固定する。

 

これまた、使い始めと使い終わりの儀式感があって、なんかいい。 なんか頭が良くなった錯覚に陥る。 実際はまったく知能指数が上がっていない。

 

さて、万年筆は極めてパーソナルな筆記具である。 一度クセが付いたら、おいそれと人に貸すこともできない。

 

自分だけの筆記体験というのは究極の贅沢であり、人に貸せないそこそこ高価な実用品という点に於いてどことなくメガネやパイプに似た趣がある。

 

特にこの話に落ちはない。